広告

モブがオススメするアニメその2

2019年12月18日

スポンサーリンク

機動戦士ガンダムSEED

サンライズ制作の「ガンダム」シリーズの1作品で、2002年10月から2003年9月までの1年間に、TBS系列で全50話が放送。続編となる『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』は、2004年9月から2005年10月までに全50話が放送されました。一部のファンの間ではSEEDは種。 SEED DESTINYは運命・・・ではなく種死と表現される。なぜ、SEED DESTINYが種死なのかということについては、・・・SEED DESTINYのエンドロールに注目しててください。面白いことが起こります。

コズミック・イラ71年。中立国の工業コロニー「ヘリオポリス」に住む遺伝子操作された新たな人類、コーディネーターの学生キラ・ヤマトは、ザフトによるガンダム奪取作戦に巻き込まれる。その奪取作戦にはザフトの軍人となった、キラのかつての親友アスラン・ザラが参加していた。戦火の中、運命的な再会を果たす二人。しかしキラは、ヘリオポリスで一緒に過ごしている、遺伝子操作をしていないナチュラルである友人を守る為、唯一奪取を免れたストライクガンダムに乗り、アスランと敵対することになるのだった・・・。

本作は「宇宙世紀」以外を舞台としつつも「機動戦士」と名付けられた初めての作品。ファーストガンダムのシナリオ展開を踏襲しており、ファーストガンダムとの類似点が多々ある。平成のファーストガンダムとも呼ばれる。私はファーストから様々なガンダム作品を見て来ましたが。やっぱりSEEDが一番かなと思っています!!2番はZZかな!!ストライクフリーダムガンダムの作中最強感が好き。ただ、戦闘シーンで同じカットを使いまわすのはやめてほしい。SEEDアンチもまたなんだかんだこの作品が好きだと思っています。これはそんな作品。

「キラ・ヤマト、ストライク、行きます!」

幻の劇場版見たかった。ちくしょう。

スポンサーリンク