広告

「なろう小説」はなぜ若者に人気なのか?

2020年5月6日

 

日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」。

素人の書いた作品だけでなく、プロの作品や、小説家になろうから人気に火が付き、

書籍化された小説家の作品を無料で読むことができます。

書籍化すれば、ベストセラー、アニメ化などマルチメディア化への展望が見えてくる。

今ノリに乗っている分野でしょう。

そんな小説家になろうで人気のジャンルがあります。

それが

「異世界転生」です

この異世界転生にはお決まりのパターンがあるので軽く紹介していきたいと思います。

近頃は、変化球も数多く存在していますが、とりあえず王道。

王道について言及していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

①主人公が何らかの事故で死ぬ

 

トラックに突っ込まれる、花瓶が落ちてくる、通り魔から少女を救うなどなど・・・etc.

 

 

②圧倒的な能力、言われるチートと呼ばれる能力を神様から貰う

 

チートの内訳は相手の能力を奪うスキルテイカー、魔力無限大、職業勇者など様々。

貰う理由で多いのは、神様の間違い、ミスが多い印象です。

そのお詫びとしてチート能力が頂ける。

あるいは、神様の希望で異世界転生!とりあえず

おお!神よ!どうして、そんなにドジっ子なのだ!!

後は、ゲームのキャラクターに転生とか。

大概カンスト(ゲーム内最強クラス)なのでとてもお強い。

 

③転生先は剣と魔法のファンタジー世界。大概は中世ヨーロッパ(風)

 

そして、極東の島国として日本、日の丸登場。

なぜか、強いことが多い。刀マジ最強!!

中世ヨーロッパってところが大事です。

現代知識を用いて、内政チートができます。

チェスを開発、リバーシーを開発。クローバーを用いた三圃式農業。

一から考えないから!!

 

④敵は圧倒的な能力で粉砕・玉砕・大喝采!!

 

なんということでしょう!!匠の一撃であんなに数のいた魔物が綺麗さっぱり消え去りました!

王様「むむ。そなたには褒美として我が娘をやろう」

王女「勇者様!!私。嬉しいです!!」

なんて、ストレスフリーなんでしょう!!

最近は王道すぎて影も形もありませんけど。

 

⑤なんやかんやで、いつの間にか周りが女の子だらけに

 

奴隷を買って、やさしくして惚れられ。魔物に襲われてる馬車を助けて惚れられ。

あれ?俺なんかしちゃった?と首を捻りながら惚れられ。

転生の際、なぜかそれなりのイケメンになって惚れられ。

ヒロイン全員チョロインか!!!

いつの間にかハーレム形成。羨ましい!!

 

 

結論

 

つまるところ大概の「異世界転生」とは、

何も努力はしないで強力な力を他人から貰い、その力で美少女・美女達とイチャイチャして、ついでに世界も救っちゃって、人々の尊敬を集めて、俺tueeeeee!!ができる物語(偏見すぎる)。

そのため、学校がテロリストに襲われないかなとか授業中思っている者(私)や

現実から逃げたいもの、楽してモテたいものから

絶大な人気を誇るジャンルなのだ!!!(ごめんなさい!!)

ただ、あまりにも物語の流れがテンプレートすぎるため

昔ならいざ知らず、今では書き手にかなりの文才が必要不可欠になってきている印象です。

 

読者に飽きられないため、書き手は創意工夫を凝らす必要があります。

猫とかに転生するとか、猫ちゃん可愛い!

ちなみに、私はダンジョン経営ものが好きです。

ダンジョン経営ものはどちらかと言うと内政系で、

創意工夫してダンジョンを盛り上げていく点が大好きだからです。

では、これから読了時間6000分越えの大作を読んできますので

さらば!!

 

スポンサーリンク