広告

モブがオススメするライトノベルその1

2019年12月18日

内容(「BOOK」データベースより)

「こんな教室は嫌じゃああっ!!」アホの明久は叫んだ。ここ文月学園では、進級テストの成績で厳しくクラス分けされる。秀才が集まるAクラスはリクライニングシートに冷暖房完備だが、彼のいる最低Fクラスの備品はボロい卓袱台と腐った畳だけ。明久は密かに憧れる健気な少女・瑞希の為、組代表の雄二をたきつけ対クラス戦争を始める。それは学園が開発した試験召喚獣を使い、上位の教室を奪うという危険な賭けだった!?第8回えんため大賞編集部特別賞受賞作

 

主人公はかなりのおバカです。
召還獣を使ってAクラスに上がるためバトルします。テストの点がバトルの戦力値になりますが、主人公がいるFクラスは勉強ができないおバカなクラス。そのため、勉強以外の方法で上位のクラスに挑戦していきます。そこが面白い。

確かに主人公とその仲間たちはテストの点でいえばバカです。しかし、ただのバカではありません。それぞれが一癖も二癖もある、愛すべきバカです。キャラクターそれぞれが躍動的で、とにかく笑わせてくれます。

章と章の間にあるテストがまた逸品の面白さで、笑わずにはいられません。

モブが一番初めに紹介したいと思えるライトノベルとなっています。

 

 

 

スポンサーリンク